駒込・田端・巣鴨周辺の賃貸物件情報数ナンバーワンのセンチュリー21オールワン駒込東口店
 
街情報はこちら

センチュリー21 オールワン 東京都豊島区駒込1-38-2 TEL.03-6902-0903 FAX.03-6902-9237 フリーダイヤル.0120-021-055 mail:komagome@kari-suma.com 営業時間:10:00~19:00 毎週水曜日 (祝日除く) 駒込界隈で賃貸物件をお探 しなら、センチュリー21オールワン にお任せください!!

エアコンいらず?暑い夏を乗り切る6つのコツ

エアコンいらず?暑い夏を乗り切る6つのコツ


暑い夏は、つい便利なエアコンに頼ってしまいがちです。しかし、エアコンを使いすぎれば電気代がかさんだり、冷房病による夏バテなどさまざまなデメリットを呼んでしまいます。

そこで今回は、「エアコンに頼らずに涼しい部屋を作る工夫」を紹介します。



1.まずは喚気


朝締め切って出かけた部屋に夜帰ってみれば、部屋の中はサウナ状態なんてことも。
いざエアコンをつけても、なかなか部屋が冷えず、汗が止まりません。

まずは開けられる窓をすべて開け、つづいて扇風機や換気扇を回し、暑い空気を追い出しましょう。
このとき、扇風機の使い方に大きく2つのポイントがあります。
1つは「扇風機を部屋の天井に向かって使う」です。
暑い空気は部屋の高い部分に滞留します。

なので天井に向かって風を送り、空気を下へ飛ばしましょう。
2つ目は「開けた窓の外に向かって扇風機を使う」です。
一見効果が無いように思えますが、こうすることで室内の空気を追い出し、冷たい外気を取り込みやすくなります。

天井→窓の順番に風を送りましょう。



2. 扇風機を活用する

2. 扇風機を活用する


1ヶ月の電気代も500円程度と、扇風機はエアコンに比べ電気代も格安ですが、ただ使うだけではぬるい風が流れるだけです。

氷水の入った桶を前においたり、濡れタオルを後ろにかけて出てくる風を冷たくします。



3. 涼しくなる食材を利用する

3. 涼しくなる食材を利用する


スイカやキュウリ、冬瓜などウリ科の野菜は熱を下げてくれます。

これらの野菜には利尿作用もあり、むくみや夏バテにも効果テキメンです。
旬の食材というのは、往々にしてその季節を乗り切る助けになります。



4.涼しく見える色を使う


寒色、特に青系統の色は、暖色に比べ3℃前後涼しく感じる効果があると言われます。

カーテンなど面積が大きく目つきやすいものを模様替えして、涼しく見せましょう。
クッションカバーなど小物からはじめるのも良い方法です。

海や青空の大きく描かれた絵やポスターでも効果があります。

5. 打ち水をする


昔からある方法ですが、その確かな効果が認められています。
まいた水が蒸発することで、周囲の気温を下げるのです。

打ち水をするなら、気温の下がる朝夕にやるのが良いでしょう。

6. 日差しから部屋をまもる


外からの直射日光によっても部屋が温められてしまいます。

「すだれ」「よしず」を使って直射日光から部屋を守りましょう。
「すだれ」がつるすもの、「よしず」がたてかけるものです。
どちらも部屋の内側でなく外に設置しましょう。

そうすることで、日射熱を最大80%もカットできます。
また、ゴーヤーやキュウリでグリーンカーテンを設けるのも良いでしょう。

探してみると、エアコン以外にも部屋を涼しくする方法はあるようです。
自分にあった方法を取り入れて、暑い季節を乗り切りましょう。


 
↑