駒込・田端・巣鴨周辺の賃貸物件情報数ナンバーワンのセンチュリー21オールワン駒込東口店
 
街情報はこちら

センチュリー21 オールワン 東京都豊島区駒込1-38-2 TEL.03-6902-0903 FAX.03-6902-9237 フリーダイヤル.0120-021-055 mail:komagome@kari-suma.com 営業時間:10:00~19:00 毎週水曜日 (祝日除く) 駒込界隈で賃貸物件をお探 しなら、センチュリー21オールワン にお任せください!!

子供がいる家庭は引越し前に何を考えるべきか?

子供がいる家庭は引越し前に何を考えるべきか?


結婚して子供が生まれると家が手狭になることがあります。

そんな時に引越しを検討する場合、子供がいる家庭には引越し前に考えておくべきいくつかのポイントあります。
家族にとって、そして子供にとって、引越し前にはどのようなことを考えておけばいいのでしょうか?



【乳幼児がいる家庭が考えておくこと】


この時期はこれから成長する子供のことをよく考えつつ、引っ越し先を考えることが重要です。
特に共働きの夫婦の場合は、保育園が自宅から近くて比較的待機児童が少ない場所を選ぶと良いでしょう。
そして子育てに必要な施設が揃っている場所を事前に調べておくことも重要です。

子供が急病になった時のことを考えて「小児科や総合病院は近くにあるか?」「子連れで買い物をするスーパーは近くにあるか?」といった点はとても大切です。
また近くに子供センターなどがあると、同じ子育て世帯の方と知り合うきっかけ作りに役に立ちます。

さらに自宅内のことでいえば、この時期の世帯に必要なのが大きな収納スペースです。
ベビーカー、ベビーチェア、歩行器などは子供の数が増えるほどその必要性が高まってきますが、とてもかさばるので収納が大変です。

子供がどこにも通っていないこの時期は比較的動きやすいため、引越しをするにはいい時期であるといえます。



【園児・小学生がいる家庭が考えておくこと】

【園児・小学生がいる家庭が考えておくこと】


子供が幼稚園や学校に通っている時期に引越しを考える場合は、細やかな配慮が必要となります。
まず「引越し=転校」となるのであれば、事前に子供と話をして理解を得る必要があります。
大抵の子供は転校を嫌がるので、相談せずに決めてしまうと子供は勝手に決められたと感じ、傷ついてしまいます。
必ず引越しを決める前にその事実を話し、引越しする理由をきちんと説明して納得を得るようにしましょう。

そして実際に引越しをする場合、子供は早ければ小学校低学年くらいで自分の部屋を欲しがるので、子供部屋スペースの確保を考えなければなりません。
新しい住まいの間取りによっては、1部屋を子供2人で使ってもらわなければならない場合もあるので、その点も引越し前にお子さんと相談しておきましょう。



【中高生のいる家庭が考えておくこと】

【中高生のいる家庭が考えておくこと】


子供が中高生になると、勉強しやすい環境作りのことを考える必要があります。
特に受験中の引越しは子供に負担が掛かるので、転校しなくて済む同学区内で引っ越しておいた方が良いでしょう。
そして受験に集中できる個室を用意することも大切です。
子供部屋が足りない場合は、受験中の子供に優先にして部屋を与えられるよう家族で相談しておきましょう。

また、この時期の子供は行動範囲が広がるので、親がしっかりと子供に目を光らせておく必要があります。
子供と親が顔を合わせられるよう、子供部屋が孤立していないような間取りの家を引っ越し先に選ぶと良いでしょう。

特に受験期などは部活や塾へのひとり歩きが増えるので、家の周りの治安チェックもしておく必要があります。



【子供のことを思いやろう】


引越しにはやらなければならないことが多いため、頭の中が混乱してしまいがちですが、子供のことを思いやるのは親としての責任です。
そのため「どうすれば子供達が暮らしやすくなるのか」ということをよく考えるようにしましょう。

親と子供、お互いにとってメリットのある引越しを実現することができれば、とても楽しい新生活を送られることでしょう。


 
↑